ものんくる症候群


先日のBLUENOTE TOKYOでのものんくるのライブ、、
未だ余韻が冷めません。
「南へ」という曲があるのですが、私はそれのイントロで号泣してしまいます。

いろんな景色を見て、いろんな感情を巻き起こした70分。
ものんくるのお二人が、そしてメンバーの皆さんがものすごい気迫で迫ってくる熱いライブでした。
可愛いらしいですが、なかなかタフなカクテルでした。

すごかったなぁ。
新曲でもうるっときてしまったなぁ。
終始鳥肌。かと思えばダンサブル、かと思えばスローな曲も。
つのさんと沙良ちゃんの頭の中どうなってるんだろう。。
世界をひろーく、そして少し傾けながら見てるんだろうな。
この音楽に救われる人間の中の1人です。

中毒性あるものんくるの音楽、これからも必見必聴です。
と、こんな小さなブログに書いたとてですが笑  備忘録としてね。



六本木はいつ行っても足が浮く。

六本木のタリーズの奥にあるお花屋さんは面白いお花が豊富で、野に咲く花々というよりは都会でも目立つ花がたくさん。そしてブーケにしてくれる人のセンスも都会的で現代アートって感じ。

namiayu diary

日々のこと、歌のこと

0コメント

  • 1000 / 1000