燈Tour 2018 福岡・Brick

九州3日目は福岡!
「かもめ」という列車で諫早から移動して福岡駅に到着。
おあー景色変わって都会ダーー。

福岡駅着いてから割とすぐ会場入りして、リハーサル。
ビルの一番上の5階にあって、天井の高いBrickさん。音が、良いー..!
わたしのマイクとの兼ね合いもあり、時間をかけて音を作っていただきました。
PAのたけしげさんありがとうございました!


会場入りしたBrickへ続々とご入場がある中、知っている方が..!
シンガーsimizuEYEさんのお父様と、アイさんの妹さん!
嬉しいなぁ来てくれた〜と、喜んでたらあっという間に本番前。

歴代の出演者の皆様のサインに囲まれながら。
知ってる名前が沢山あったぞ。

ライブは、一曲目をお届けし終わった時の空気感で会場にいる方々との相性の良さみたいなものを感じました。
長崎初日から、このツアーのルーティンとして灯してるキャンドルをカウンターへ置いて。
セットリストが進むごとに、聞いてる皆さんが歌詞を一つ一つ理解してくれてるのが空気から伝わって感動しながら歌ってました。

初めましての土地で、自分のオリジナルを歌詞まで聞いてくれて、そこに感動してくれると実感しながら歌うのは本当に幸せなことです。有難いこと。
会場全体の空気がそれぞれの曲の色に染まっていくのを感じました。

長崎の海を思い出しながら、目の前にいる福岡の方々の表情を見ながら..
感極まり..
最後はまさかのナミヒラ泣くという。
(覚えてる限り今までで1回くらいしかない)

泣いたシーンを、誰も写真に撮らない福岡の方々の心の優しさ..!!(そこ?)
菅井さん(マネージャーさん)いたら絶対撮ってる!!

なんかもう並々ならぬ思いで毎回歌うのですが、それに対して並々ならぬ思いで聞いてくれてる人たちの表情に胸がいっぱいになりました。

そして福岡もまさかのダブルアンコール!
九州みんなダブルアンコール!!
欲しがるね!最高!

アンコールも終わり、ご挨拶もさせていただき、少人数になった頃...

どこから聞きつけたか、お客様から
「長崎ではLovin' You歌ったんでしょう..?」
と一言!笑 

残ってくださってた方々へLovin' Youをお届けして、そのあとは乾杯🥂

よく考えたら九州三箇所、全部トリプル...?
すごいなぁ!笑


終演後は沢山嬉しい感想を戴いて、COLORSも沢山の方にお持ち帰りいただきました。

末長く聞いていただけますように。
ありがとうございました!!!



見に来てくださってたトモさんと仲良しのギタリスト ぺぺさんが終演後のゆったりした時間の中で演奏をしてくださって、それがなんとも至福な時間でした。
地元福岡でご活躍されてて、東京へも度々来られてるようです。
また聴きたいな。

にしても
ぺぺさんめっちゃ声ちっちゃかったな。
終わった後、ぺぺさんに
「ありがとうございました!!(声でかい)」って声かけたら、口を小さくパクパク してるからえっなんですか!? って顔近づけたら すんごい小さい声で「素晴らしかったです。」
おもわず笑っちゃった。
また会いたいなぁ、ぺぺさん。
Brickのオーナー、信吾さんともお話しできて嬉しかったです。
もうちょっとお話ししたかったけどなー。
結構わたし放心気味だったきがする..笑 すみません..。

夜深くまで、Brickで過ごして..


福岡の夜は会場を出てまた本番を迎えるのでした。笑

福岡で大変お世話になりましたヒサトさんが、「福岡が初めてなら通らなきゃいけない道がある..!」と鼻息荒く連れて行ってくださったのがこちら
長浜屋!(本番!)

がんだか ってみんな言ってたか。

博多とんこつラーメンですね!
ヤル気の顔。




「初めて長浜屋きたんです写真撮って良いですか?」
「いいですよー」
「ちょっとピースしてもらって..」
「えっ! へへ(超いい顔)」



そして30秒で出て来た!!!(驚)
食べる!
うまい!美味しい!と食べ進めるわたしに
トモさんは珍しいね!と笑ってました(*´-`)

なるほどこれが博多とんこつ、ガンナガ!

今回は博多グルメ満喫の時間がなかなか無かったですが、ヒサトさんのおかげでマストを押さえることができました笑
だって、深夜2時すぎてからもどんどん人が入ってくる。え、満席だ。なんだ?イベントがあったのかな?と、そういうわけでもないらしくこれが日常なんだとか。
ソウルフードとはこのこと........。

そのあとはヒサトさんとトモさんと夜通し話して、翌朝私たちは福岡空港へ。
ヒサトさんは優しさのかたまり。
あんな優しい人に、ワタシハナリタイ。
次はもうちょっと飲みましょうヒサトさん。




帰りの飛行機✈️
燈ツアー 2018 九州編は、一重にトモさんのご人徳を感じながらの旅でした。
長崎には家族、兄弟、親友、どの言葉よりも強いようなみなさんとトモさんとの絆。
私はそれを羨望の眼差しで眺めてました。
福岡でも心温かい方々の音楽にまっすぐな姿勢に大変な感銘を受けました。
みんな、トモさんが「帰って来た!」という笑顔でニッコニコで。
愛されてる方だなぁと感じる九州4日間でした。

演奏もやはり、それぞれのライブで素晴らしい瞬間が沢山生まれたとも思います。
どんどんこれを研ぎ澄ましていきたいです。


燈ツアー2018は続きます。
11月3日の六本木CLAPSさんへのご予約はお済みでしょうか!?
ありがたいことにお席埋まって来ておりますので、ご予約お早めにお願い致します。

来週は四国から!
10/15 月曜 香川高松SPEAK LOWさん、
16日 徳島コティさん、17日大阪 Mister Kelly'sさん、18日京都Bonds Rosaryさんです。






P.S

福岡空港にて。
搭乗券、さっきまで持ってたのに無い!
とプチパニックになり
(けど無駄に「大丈夫です。あります。」と平静を装う。しかし汗が出てる)、
CAさんにも心配をかけ、あと5分で見つからなかったら搭乗最後で対処をしましょう..とかなんとか宣告され、え、わかりました!大丈夫です!見つけます!と、カバンを散々漁ってる図。


結局ポケットにありました。


くしゃくしゃでした。
ほんとすみません。。。

すでにFacebookで某菅井さんがみんなにバラしてる。そしてみんなコメントが優しい。。うう。。


そして帰りの飛行機、↑のトモさんとのツーショットを撮ってから、フライト10分に感じるくらいの爆睡。
ヨダレ垂れてなかったかな......こわい。

0コメント

  • 1000 / 1000