NYに来ました!DAY2

1日目がビビって何もできなかったため、2日目は美術館へ行ってとにかくライブ見に行こう!と決めてました。

と、言うわけでメトロポリタン美術館へ。
↑COLUMBUS CIRCLEという大きなデパート(Dizzy's Jazz Club Coca Colaが上にある場所)のデパ地下を見学してから、

セントラルパークを突っ切って散歩しながら(雨だけど)行こうとしたんですが、紅葉が綺麗で
寄り道してしまいめっちゃ!歩く羽目に。

バスを途中で使ったけど、仕組みがイマイチわからなかった。簡単そうだけど。

セントラルパークは晴れてるほうが良いと思います。
もしかして晴れないの?この旅行中笑


さてメトロポリタン美術館到着!
でかい!

入って早々、こうやって↑写真撮ってる人がいたから私もおんなじ感じで撮って欲しいとお願いしたら以外とアップで面白かったです。
なんとも言えない表情。

とにかくスケールが大きく、彫刻の数がすごかったです。
今までで一番彫刻を見た気がします。
とても美しいものから、じっと見れない怖いものまで。
遺跡とかも展示してあるもんだから、とにかく広いです。
ここでの失敗は、「地下にカフェがあってそこは自分で取るセルフサービスのカフェだからリーズナブルに済む。」というガイドブックの文をとても都合よく捉え、ご飯を取りすぎて、そんなに美味しくないものに$30払う事になったということ。

ボラれてるのではないかとか思ったけど、他の人も取りすぎてそのくらいになってた。

とても暗い気持ちで食事を済ませてから今度は二階へ。
Paul Klee,ゴッホ、クリムト、モネ、セザンヌ、Georges Braque、Paul Signac、などなどの部屋が現れたのでそこからかなり元気になりました。
写真自由だったので写真を載せますが、絵や彫刻など美術作品は写真なんかじゃ何もパワーが伝わりません。
今、ここに貼り付けて、自分が実際に見た感覚を思い出すヒントにしかならない感じがしてます。本物の生のパワーってすごい。音楽に似てます。
クリムト
ゴッホ
光を操るモネ様がこの日の私にはとても響きました。
モネの絵を見た瞬間、音が無くなってとても大きな力を持った静寂が現れたような気がしました。
それが起こる絵がたくさんあって、名前を見ると全部モネでした。

後、初めて知るとても好きな画家をたくさん見つけられました。
Paul Kleeはどこかで前に見て、大好きになったのを思い出しました。
Georges Braqueは初めて知りました。
後シニャックも実は好きなんだなということに気づきました。

それと1階の近代美術館のところにあった
これが大好きでした。
名前を撮り忘れて残念。

他にも回りきれないほどの作品がありましたが、彫刻や武器、楽器や教会、遺跡まで展示してある中でさっと一通り見た上で今の自分は絵画に一番反応するということが分かりました。
閉館の時間になり(6時間くらいいた。)
ライブへ。

ダウンタウンに降りて、スタバに入ってから日本好きのアメリカ人ロバートさんと友達になり、腹ごしらえで一風堂(知ってる美味しい味を食べたかった。)でラーメン食べて(けどラーメン一杯で$17だから結局バカバカしいです。)
BlueNoteJazzClub NYへ!

写真はコレだけ!

Judith Hillさんを見てきました。
予約もしないで、しかも開演ギリに到着。
エントランスが優しい人で、バーの席が残り一つだったのを見つけて通してくれました。

ジャズではなくかなりファンキーなステージでした。
バンド、コーラス、ボーカルの全員がガチッとキメをキメまくり。
私は決まるたびにふーとかほーとか言ってましたが皆様はそれが当たり前として聞いていたので、そういう事なのかと思いました。
勉強になります。

11月は帰国してから、25日に藤沢本町Calls公演、26日に中目黒楽屋にてSPIRITROOM、そして30日に代官山LOOPでライブがあります。
そういう意味で気合いの入る瞬間でした。

美術と音楽に喝入れていただいた1日。
ありがとうございます。
明日は美味しくて安いものを食べたいです神様。

いやぁとにかく歩いたな。
足腰が痛い!
明日はTommy Campbellに再会する日です!
ららーん^_^

namiayu diary

日々のこと、歌のこと

0コメント

  • 1000 / 1000