NYに来たよ!DAY4

10日間の旅行ですが、いっぱいになっちゃうので10日間分の衣類を持ってきてはいません。
なので、今朝はランドリーで洗濯するところからスタート。

25セントを沢山使います。
洗剤、買っちゃったけど一回すればokだからなぁ。。迷ったけど、そこで働いてたおばちゃんに渡しちゃった。$2.00。

くるくる回るのをしばらく眺めながら、課題になってる曲を練習。


洗濯を終えて、MoMAに出発!
都会の真ん中にあるニューヨーク近代美術館MoMA。

昨日は自転車でマディに見せてもらったところを今度はゆっくり歩きながら見ます。
ビルがとにかく巨大で、箱の中にいる気分!
上を見ると、落ちそうな気持ちになります。
映像の方が伝わるかな。
あの有名なLOVE彫刻!と思って、観光客の方に写真を撮ってもらいましたが、有名なのはフィラデルフィアのLOVE彫刻だそうですね。
まぁいいのさ!


さて、MoMAに着きました!
入り口は意外と地味シンプルで、縦に高いという感じ。
思わず警備員さんにこれがメインエントランスですか?と聞いちゃった。
写真じゃ伝わらない地味加減。



規模感でいうとメトロポリタンの1/3くらいです。(まあメトロポリタンが巨大過ぎるんですが。。)

足がひょっとすくむような大きなものが私は好きなので、^_^入ってからすぐにあるスペースは魅力的でした。
これまた写真じゃ伝わらない。。
天井がとてーも高くて、ひろーく空間を使ってます。

空間、立体、絵画、モダンダンス、ノイズ、建築、映像。現代アートの中のいろんな種類のものがここにあります。
↑これはしばらく待たないとこんな感じで光らないの。

女の子いい味出てます。
有名な画家の絵をたくさんの人が見てるのが好き。
やっぱ大スターは今も大人気だね!という気持ちです。

有名だから魅了される という部分も多少あるかもしれませんが、そう言った受け継がれて守られてる作品はとてつもないエネルギーを発し続けてるから、例えばその画家を知らない人が初めて見たとしてもその絵から「何か」を感じる事ができる。

残され守られてるものには時代を超えて出会った人を惹きつける力がある。

という事実に感動します。
その中で、私が好きな色を使ってる!だとか何か心に迫るものを感じる、だとか言うことをたくさんの人がそれぞれに感じているんだなぁ。

偉大だ。スゴイ。

クリムト!!「Hope」
マティス!

空間も物体も、、どれも迫力の展示ですが、絵画が好きな私としてはやはりココでもClaude Monetに圧倒されました。
「睡蓮の池に映る雲の反映」
が展示されているスペースから先は一部屋マルッとモネの部屋。
メトロポリタンにもモネの部屋があったな。

光の反射や消えていくような美しさを表現するモネの作品はいつも人の心を鎮めて、癒す力があります。

ピカソの絵に溶け込む少年×2



一通り見てから、庭園もあったけど、私はそこを眺めながらいろいろ予習したり考え事をすることにしました。
(めぐさんに渡された曲がむずい。頑張るからみんな見にきて欲しい11/26中目黒楽屋)
いろんなところに休憩できるところがあって充電できる席もあるからありがたかったです。

一人でいる時の方がたくさん頭の中で話すので、考えがまとまります。
今までの時間の中で、自分が感じたことを整理するとてもいい時間になりました。
MoMAに行く人らしくリボンのシャツを着て行きました。このあとのコンサートにもよく合ってたのでナイスチョイスだったな^_^



夜ご飯はまたホールフーズというデパ地下のお惣菜コーナー。グラムで金額が変わります。今夜は$8で済ませられた^_^

さて、ここからニュージャージーにコンサートを見に移動します。
ニューヨークからニュージャージーは川を渡るPATHという別路線で行きます。
地下鉄と同じく$3で行けますか、アンリミテッド(7日間(or32日間)乗り放題)のメトロカードは使えません。
何とかかんとかしてニュージャージーにある
NJPAC、ニュージャージーパフォーミングアーツセンターに着きました。
どんな場所か、どんな内容か知らずにGregory Porterが観れると思って行ったらジャズフェスでした!
豪華二本立て週間!みたいになっていて、その中で私のチケットはGregory PorterとDianne Reevesが観れる日のチケットを取ってたみたいです!
$35で?!安くない?

知らんかった!笑

係員の人に
「えっこれGregoryのチケットじゃないの?」と聞いたら
「Dianneも見えるよ。その後にGregoryが出てくる。」
「Dianneって、あのダイアンリーブス??」
「そう。あのダイアンリーブス。よかったね!」

ありがとう!!ありがとう係員の人!!
超ラッキー!!当日到着してから知るあたりが私らしいけど超ラッキー!スーパーありがとう!!

そして案内された席は3階!
ステージに近い端っこで、とにかく高い!怖い!案内されて叫ぶ。
そして音の良さに感動。涙が出ました。
オーディエンスの歓声が凄まじくて、それにも圧倒されながら、Dianne ReevesとGregory Porterを観ることができました。

隣の人が途中席を移動するね。と行っちゃったから私は一人でフーとかホーとかイエエエエエエイとか叫びながら超楽しむことができました。

ホールで、あのスケールであの音質、音環境はそれだけで5倍は感動が増します。

Dianne Reevesのステージは、たくさん笑って、スゴイと驚いて、楽しいステージでした。人を楽しませるのがとても上手!
MCでも笑ってたし、演奏でも面白く届けたりしてました。
バンドがみんな素晴らしかった。
Gregory Porterはシンガーソングライターです。私の大好きな曲をやってくれた時は秒で泣いた。
サックスの人が素晴らしかったです。
Gregoryのステージが終わっても、会場が明るくなっても止まらない歓声!
それにGregoryが出てきて
「素晴らしい歓声に応えたいけど、主催者がダメだっていうからできない!けどまじありがとう!バイバイ!」

だってもう23時過ぎてるからね!
そしてここはニュージャージーだからね!
そりゃそうだ!

ということで満杯の胸で走って電車に乗り帰りました。

夜の地下鉄は、寝ない。バッグを離さない。(体にちょっと絡ませるくらい)女性で平和そうで強そうな人(団体)を見つけてそこに混じって座る。堂々とする。キョロキョロしない。を徹底してれば割と安全。
(だけど油断は禁物です。)
てか駅から宿泊先までの道が怖いんだ。
寒いので最寄りからは全速力で走って帰りました。

最高の日でした!

namiayu diary

日々のこと、歌のこと

0コメント

  • 1000 / 1000