NYに来たよ!DAY5

日中の過ごし方にだんだん困ってきた5日目。
たまたまNYにいらっしゃるというゆきねぇがランチに誘って下さいました^_^
まさか、久しぶりのゆきねぇとの再会がNYだとは思いませんでした。
多くのミュージシャン、ミュージックファンに愛され、惜しまれつつ今年7月末に閉められた渋谷Bar Rhodesのオーナーです。

この数日間、美味しいものにありつけてなかったのでサーモンの美味しいSadell'sの食事はオアシスでした..。
美味しかった...。

色々な話をしながら、好奇心旺盛、自由奔放、神出鬼没、というワードが似合う本当にチャーミングな方だなと改めて思いました^_^
そしてお肌が綺麗^_^
ゴールドが似合う^_^
そしてお互い青が好き^_^

楽しくリラックスしたひと時を過ごしました。
ゆきねぇありがとうございました😊


ゆきねぇと別れてからはプラプラ街を歩いて、古着屋さんでセーターを一つ買う。
カフェに入って、今夜見るライブを調べる。
Smoke,Smalls,Village Vanguard,Village Underground,BlueNote,Nublu,Bonafide,Cornelia Street Cafe,Birdland,,,,

雨が降ってて寒かったし、昨日は金曜の夜
失敗をしたくない。けど早く帰りたい。(雨だから)一本に絞ろう。と思い2時間かけて迷った結果、Smokeに行くことにしました。
HPにはJoe Fransworthさんリーダーのカルテットとありました。
Smokeはハーレムの方にあります。

Smokeに着きました!
とてもいいお店だ^_^
おじいちゃんおばあちゃんばっかりでしたが、私の両隣は学生さんに見えました。

お店の人のMCで、今日のステージのメンバーの紹介がありました。
JOE FARNSWORTH QUARTET
Eric Alexander [tenor saxophone] 
 Harold Mabern [piano] 
Buster Williams [bass] 
Joe Farnsworth [drums]
え、ハロルドメイバーンって言いましたか?今。
エリックアレキサンダーも知っている...
ありゃーまた良いのに来れたもんだ。と自分に感心。

少し遅れて、ステージが始まりました。
始まったと同時に私は自分がここに来れて本当に良かったと思いました。

強めのサングリア(どうやったらあんな強くなるの)をちょっとずつ飲みながら、終始ニコニコ聴いてました。

エリックさんの取るソロは明快で、早業も良いバランスで披露されてたけど一貫して上品でした。
Busterさんはハロルドさんやエリックさんの後ろで彼らを活かす面白いアプローチを沢山してました。
ハロルドさんのソロは華やか!!!力強いのに優しい。指が全部大きかったです。
そしてリーダーのジョーさんのドラムは乾いた音で、ソロ取るときにバスドラを2.3回しか踏まなかったのが特徴的でした。この日だけかもしれないけど。シンバルだけで始めてから最後までバスドラ抜きでソロした時もありました。

ハロルドさんのこの日のお昼ご飯はTボーンステーキだったそうです。お元気!!

帰り際に、今日来れて良かったです。日本から来たんですけど、初めてのニューヨーク旅行なんです。と伝えたらArigatou Gozaimasと言ってくれました。
写真撮ってくれました^_^


迷った結果Smokeに行って良かったです。
こんなにワクワクさせてくれる音楽がこの街には溢れてるんですね。
とにかくこの度ではできるだけたくさんのライブを聴きたいと思います。



namiayu diary

日々のこと、歌のこと

0コメント

  • 1000 / 1000