同級生

私は学生のとき女子バスケットボール部でした。
下手だったけど、好きだったので、中学から始めて高校もバスケ部でした。
中学の友達は所謂地元の友達。
高校は少し地元と離れたので、また環境やいる人がガラッと変わり面白かったです。

部活の思い出話とかしながら、その中の1人が持ってきてくれたプリクラとか見てえーみんなかわい〜とか言いながら最後にお誕生日祝いと台湾がんばってねケーキが出てきちゃってじーん。。

ケーキ、とても美味しかった。。
今もまだジーンとしてるよありがとう。

にしても、やっぱ。

同級生の頑張ってる話はとても嬉しい。
刺激になるとか、わたしもやんなきゃ!ふんふん!とかもそうかもしれないけど、近頃はそれぞれがそれぞれの場所で奮闘しているという事実がより現実的に感じられるようになってる気がする。

そして、みんな凄い。

本当に、凄いと思う。

SNSとか、私たち途中から知ったからさ。
それらしきものはあったけど(前略プロフとかw)TwitterもFacebookも最初からは無かったから。

誰かの写真見てあーでもないこーでもない言う口調が若干おばさん(^^)


幸せは、小さい声でそれを大切にするものだと思う。
友達にだけ言ったり自慢もしたいけど、自分がわかってるのが一番幸せ。
けど誰かの笑った顔の写真は、知らない人でもお裾分け気分。逆も然り。

ある程度囲って、大事に大事に、育みたいもんですなぁ。

まだまだ迷える私達!の!未来は明るい!!


居酒屋で隣の女子集団の豪快な絡みに(おめでとーー!何歳?え、同い年ー!待って何中?的な。)イチゴとキウイ取られたのはまあ思い出。
ケドワタシワスレナイ。
ツギマタアッタラトモダチ。



namiayu diary

日々のこと、歌のこと

0コメント

  • 1000 / 1000